四ッ谷の住宅

都心の狭小敷地の鉄骨3階建て専用住宅。柱が室内に出る頻度を減らすため、重量鉄骨の4本の柱で構造フレームが構成されています

狭小敷地に建つ専用住宅全景 重量鉄骨ALC3階建てペントハウス付き

 

2階のリビング/ダイニング/キッチンのワンルーム空間。鉄骨造とは思えないくらい柱の存在感が薄い

キッチン 間取りにあわせた特注品。
食洗器(中央の黒い扉)をビルトインして、シンクと浅い角度をつけて設置。
下洗いの食器を入れる、食器を出すなど、並列配置より動き易い。

 

2階と子供寝室のある3階を結ぶらせん階段。ついでに屋上まで続いていて明かりを落としてくれる。

 

外観の見上げ バルコニーは2階,3階が構造的に一体になって地上の駐車スペースに柱が出ないので、駐車が楽。
狭小地での工事のさまたげにならないように、竣工間際に、工場から完成したユニットを運んで取り付けて完成。