OM暖房システムの住宅


〜〜冬は太陽熱を利用して,夏は太陽の熱で室内空気を排出する省エネ住宅〜〜

 
     
  南側外観  
 

南側の外観
手前の道は道路ではなくて「緑道」です。車の通らない「道」(建築基準法上は道路の扱い)
木製デッキのバイアス貼りの手摺壁は,通風を確保しながらも「視線」もコントロールします


 
 
緑堂
 
 

木製のデッキと視線コントロールスクリーン、前面の緑道(緑道の先は道路に繋がっている

 

 
 
OMダクト
 
 

2階からリビングを見下ろす
リビングのサッシュの手前の床に見えるのが、OMの暖気の吹き出し口

 

 
 
集熱パネル
 
 

南向きの屋根の上にはOMの集熱パネルが
右側の外壁は階段のRがそのままにカーブした外壁になっている

 

 
 
階段
 
 

玄関から廊下に入って見える階段の様子
OMシステムで全館暖房をするには、効果的な吹抜け空間の配置が欠かせない

 

 
 
リビングダイニング
 
 

リビング/ダイニング
左の奥に見えるのが、屋根の集熱板で取られたOMの暖気を1階の床下に導くダクト

ダイニングではペンダント照明器具がダイニングテーブルに中央に当たらない可能性を回避するために
天井に集光型で照射方向を調整できるダウンライトを集中して設置している

 

 
 
キッチン
 
 

キッチン
リビング/ダイニングとの間のハッチは引戸で開閉可能(ひとつ前の写真に写っています)

 

 
 
リビング-和室
 
 

リビング/ダイニングの奥の和室部分は、左の壁の中に収納された引戸で,臨時の宿泊にも対応できます

 

 
 
書斎
 
 

和室部分の一隅の書斎コーナー
本棚の裏側に,引き込まれた状態の引戸が見えます

和室の右側とリビング/ダイニングにOMの暖気吹き出し口が見えます

 
 
2階洗面
 
 

2階は、洗面コーナーをオープンなしつらえに。でも,あんまり見えすぎないように廊下から使う収納戸洗面側の収納で目隠しにしています

天井は屋根の形に吹抜けていて,夏場の室内の熱を排出するようにハイサイド窓が開閉できるように
(温度の上がった空気は上昇する性質の利用で,夏場をクーラー無しでしのぐ工夫)
 
 
2階子供室
 
 

2階の子供室
室内の熱気は天女王の形状に導かれ、ドアの上の廻転欄間から廊下へ排出され,ハイサイド窓で外気に放出されます(廻転欄間はひとつ前の写真に写っています)

 

 
 
北川外観
 
 
北側の外観
植栽工事が完了していないので、なんとなく素っ気ない