蓼科
山梨


甲斐駒ヶ岳を
のぞむ展望台

甲斐小泉の別荘

冬の山荘は厳しいが、暖炉をやりたくて来てしまう。(たんなる大人の火遊び?)
現場に行く途中で。
 甲斐駒が雪を頂きはじめたと思ったら、冬は早足でやって来た。
またたくまに、粉のような雪が舞う単色の世界に一変する
すぐそばの甲斐小泉駅は日向ぼっこができるくらいの陽射しがあったのに。

2階 主寝室 大トラス構造のふれ止め火打ち梁からさがる照明器具
白熱灯の黄色みの光は、板貼りの壁と相性が良い。

1階から吹抜けを見上げる
縦格子の手摺は2階
X格子はロフト(展望台)階。ここからトップライトを開閉する
2階廊下からロフト階(展望台階)にあがるハシゴ階段

トップライトの開閉にも使う

展望台へ出るドア
展望台の広さは約5帖。
秋は月見酒。冬はアノラックを着込んで熱燗で雪見酒。
2階主寝室のバルコニーは、経年変化でも構造躯体に影響が出ないように木組みの構造からは絶縁。
交換も簡単なように、バルコニーだけで一体の構造になっている
暖炉は、蓼科の山荘では必需品
これがまた、あたたかくて気持ちが良い!