横浜市西区西戸部の住宅

                     

第4回(2005年)ハウスアダプテーションコンクール 『佳作』を受賞

http://www.jusoken.or.jp/ 財団法人 住宅総合研究財団 (住総研)

 ハウスアダプテーションフォーラムハウスアダプテーションコンクールこれまでの一覧  を御覧ください 住総研ホームページより

道路側外観
外観 左が公道、右が私道 。
門の位置を変えると、住居表示が変わってしまうので、私道側の門と塀は既存の物を流用
道路側フェンス
玄関ドアをあけた時に、道路側の視線をコントロールする縦格子
施工した人は気が狂いそうだったとか、、、
南よりの遠景
望遠で外観を、、。右はランドマークタワー。
しかし、日本の空の電線の多さよ、きたなさよ!!
 
玄関アプローチ

玄関のアプローチ 小砂利の洗い出し仕上げでノンスリップ性に配慮
つなぎ目無しで玄関ドアまで続くバリアフリー仕様
(実際の施工では、玄関前のタタキとスロープ部にヒビが入ったり段差が出来やすい部分ですが、
ちょっと施工に工夫したのでクラックも無くきれい)

 
南側の見上げ
南側私道に面した側の見上げ
2階のピアノ練習スペース 床は荷重と防音を考慮 練習中も1階では「どこかでピアノを弾いてるかしら?」程度の音量です
障子はガラスも含めて昭和初期生まれ。欄間の障子はそっくりにデザインした平成生まれ
2階寝室の書斎コーナー 左の障子建具は旧宅の昭和初期のものの再利用 右は新しく作った平成もの
しっくい壁が光を乱反射して、間接光と手元灯だけで,こんなに柔らかな空間が
2階のピアノ練習スペース トップライト(換気口にもなる)の光がしっくいの壁に反射している。
 しっくいは真っ白ではなく、ワラを少し混ぜている
1階リビングから両親の主寝室を見る  
ランマの格子建具と主寝室の障子は旧宅のものを、ガラスを含めて再利用。壁はワラ入り漆喰仕上げ。
 
解体前の旧宅 戦時中に焼夷弾を落としながら飛来するB29がこの家の上空を通ったが、家の前と後ろに焼夷弾が落ちて焼け残った