神奈川県 海老名の二世帯住宅

 この住宅は,外観と親世帯(1階部分)が非公開なので、2階の子世帯部分のみ写真掲載

 


2階のキッチン

キッチンとダイニングテーブル
ダイニングテーブルを大きな物にする傾向がありますが、けっこう新聞雑誌などの置場になって
家族は残りの部分を使って食事をしている事があります。
ここではダイニング機能以外には使わない大きさのテーブルに限定して
リビング部分に大きな面積を割り振っています。お母さんの片付け作業も楽になります。

 


排気フード

キッチンの排気システム
調理中でも家族と顔を合わせながら作業が可能
(オープンな造りのキッチンでも,加熱作業中はお母さんが孤独になってしまいやすいもの。
ここでは洗い物作業中より加熱作業中のコミュニケーションを重視しています)

 


玄関脇の階段

玄関から2階子世帯に上がる階段
玄関には,履物の着脱を考慮して固定式のベンチを設置。
(収納式は,空間が広く使えて便利なようでも,逆に危険な事も)

 


階段上りきり

階段を上がる途中で見上げる階段室の吹抜け

 


リビングダイニング

リビングダイニングの上部のハイサイドライト
中奥は子供室などの寝室に繋がるドア、奥の右は浴室へ

 


リビング見上げ

リビングダイニングの天井部分を見上げています

 


見上げの詳細

ビングダイニングを見上げた部分の詳細
ナナメの材は、登りばりで構成される屋根組構造の筋交いとして働いています
ナナメ材とガラスで仕切られた向こう側は階段と廊下で、昼の光や照明の明るさが建物中に回り込みます

 


洗面脱衣

洗面とトイレ
洗面台の下の収納スペースはデッドストックスペースだ! と言う事で逆転の発想で配管をあらわしたままにしています

 


浴室

2階、子世帯の浴室。ご存知のように2階に浴室を造る時,水漏れななどのリスクを回避するためにユニットバスにします。
しかし、「家」の中で疲労回復機能を受け持つ浴室は安心感のあるタイル貼り、段差の無い安全性に留意したいもの。
で,最近はユニットバスも工夫次第でユニットバスを超えたりもします。
上の例では、ほとんど当事務所のオリジナル状態に造っています

 


丹沢遠望

リビングの窓から,家並の無効に丹沢山塊の稜線が望まれる
現場の監理に通っていた頃,帰りが遅くなると「飯山温泉」の日帰り浴に立ち寄ったり。
ほんとは温泉に行くために,現場で遅くまでがんばったりして