” 今、どんな仕事をしている?  ”

その2 



写真は工事中有り、使い始めてからも有りで、普通の美しい竣工写真では有りませんが、
現場のライブ感が伝われば、、、、と言う事で。


京浜急行で横浜を南へ
土地が開発されてすぐに建てられて30年以上経過した住宅の 新規建て替え

中庭に面する浴室がある住宅です

 

 + + + + 富 岡 西 の 住 宅 + + + +

中庭

建物の中央にある中庭

1階の浴室、2階には御主人の書斎
右下のFIX窓は階段の明かり取り

外観

まだ、仮設トイレがはずれていない外観です

外観からわかるように、内部間取りは傾斜地の地形をいかして
北側の駐車場のレベルから始まって、スキップフロアに
2階建て+ロフト+屋上展望台 を収容しています
最上階の切り立った部分が屋上展望台

眺望

屋上の展望台から遠くに東京湾が見えます
展望台は、周囲の高低差の有る住宅地からも
不可視のテリトリアルライクな空間に

夏の宵、ビール片手に空気を独占です

 

玄関

玄関左の窓はキッチンの窓。
主婦が台所にいても来客がすぐ分かります

いかにもキッチンらしさの見え見えの窓にならないように
換気扇の排気フードなどが見えないようにしています


玄関ポーチ

玄関ポーチは、道路から1.2メートル上がって玄関レベル
キッチンレベルは、それから80センチほど上がります。外観でわかりますね

地鎮祭

ところで、旧建物を撤去して地鎮祭の準備をしているところ

ひな壇住宅地は敷地の部分で切り土、盛り土と
地盤の強さが変化するので、この後で、サウンデイング試験(地盤調査)を
しました。結果は非常に良好。しかし、あまりに結果が良すぎたので
いちおう、砂利やガラが埋まってるリスクを考慮しながら
基礎工事を開始です

どたん層

そうしたら、土丹(どたん)層が出現。青丹です。「あおたん」なんていうと花札みたいです。
この、土丹(どたん)がかたい、非常にかたい。
ユンボ(土を掘るバケット型の土木機械)で掘ると(バケットを機械の手前に引き寄せるように掘る)
機械がズルズルっと前のほうにひきずられて、土堀りにならない
そこで、ピック(尖った先端をでダッダッダッと堀崩す機械)で土丹を「割って」
ユンボがかけらをかき集める、、という基礎工事になりました

砂利かガラと思っていたものがかたい土丹(どたん)層でよかった

リビング

基礎はともかく、建物の中にはいります

右に見えるのは玄関たたきへの引戸で、
夏場は壁に引き込んで、冬は引き出して使い、床暖房のロスを少なくします。
この階がリビング階
階段の左のFIX窓は中庭に面し、横長の障子は2階の書庫の地窓
正面の窪みはTV置場になります

和室

リビングから階段を半階上がった和室。 うぐいす壁。
左奥の暗い部屋はスキップ階段で書斎。右の棚は仏壇置場
左の本棚の下に、階段室で見えた地窓があります
書斎は、中庭に面しています

 

書斎

照明をつけて(いま、夜で外は暗くなっている)書斎を明るくして見ます。
奥に書庫、そこを通って奥にさきほどの和室が見える
書庫は和室より天井が高くなっていて、その上部はロフトです

ロフト

2階ホビールムは和室の上、奥に見えるロフトは書庫の上になります
(書庫と和室は天井高さが違うのはさきに述べました)
障子をあけると、書庫が見おろせる(書庫の天井は障子の上のラインと一致)

階段吹抜け

階段をのぼりきって展望台に出る位置から階段吹抜けを見下ろします。
正面のFIX窓は中庭に面し、右の障子は、書庫のハイサイド障子。
文章と断片的な写真では、わかりにくいですね

2階

2階のサブリビングから階段部分をみています
夕暮れ時なので空が青く、内装の漆喰壁をうっすらと青く染めています(幻想的だった、、、!)
障子紙のペンダントだけで、しばらくは、よけいな照明はつけないで、、、そのまま、そのまま

正面の障子は書庫のハイサイド障子、右下方に見える引戸は和室の入り口

 

2階サブリビング

2階のサブリビング
書架に本が入ると図書館のコーナーのような雰囲気になるでしょう
右側の階段吹抜けに障子紙のペンダントがみえます

和室を見下げ

2階サブリビングから少し下がった和室の仏壇が見える

 

 

小上がり

さて、リビングには小上がりになった和室空間が付属しています
三角形の床の間 採光窓は近隣からの視線を折り曲げてカットし、採光のみを確保
三ケ月型変形火燈窓(かとうまど)の前の廊下の先は中庭です

 

三角床の間

三角床の間 障子欄間の中には照明が

火燈窓

変形火燈窓は漆喰の塗りまわし
形状は、お施主さんに壁に貼ったベニヤ板にデッサンしてもらって決定しました

 

漆喰

漆喰をWEB上でほぼ原寸に見られるように調整してみました
漆喰と言っても、一般的に想像される「つるっテカ」で平坦な仕上でなく
わらをまぜて、コテの荒さを残した「木コテ仕上げ」です

この色合いとテクスチャーにするため、お施主さん、工務店、設計、左官屋さんで
なんどやり直しした事か

中庭見下げ

2階サブリビングの窓から中庭を見下ろします
中庭は、大きめのプランターの植物を置く予定でしたがデッキ張りになって
1階のリビングからスルリッと出られるように途中で設計変更

洗面脱衣室

洗面脱衣室は、大きな衣服収納室と空間に一体化しています
右奥に洗濯機、上部には室内干し用物干竿を掛ける仕掛け

洗面台の前の鏡には後側の壁の棚と、ハイサイド窓が写り込んでます
空間が大きく見える錯覚

洗面台

洗面台は、洗面カウンターにこぼれた水が壁を汚さにように
小口のタイルで貼り方を工夫して楽しくしました

 

トイレ

1階のトイレ  漆喰仕上を想定していましたが、中庭に面する窓からの光が
中庭吹抜けをおりてきて青みがかった色になるので、急きょ濃紺の壁紙に変更。

ひとりで孤独を味わっていると、深海の底にこもっているような錯覚におちいります

+ + + + + + × + + + + + +