厚木の「隠れ家別荘」
〜〜〜不便を楽しむ家〜〜〜

 

 

 
丹沢を望む
 
 

遠くに丹沢山塊を望むロケーション 厚木市内とは思えない景色が最高のごちそうです
屋根は通気層付きの二重構造 太陽から受熱して空気層に
対流がおきて、熱を室内に伝えない。断熱層はその下部に有って冬場の冷気を遮断する。

つまり、夏にエアコンを使わない、冬は囲炉裏で厚着をしてすごす楽しみの家


 

 
外観と周囲の様子
 
 

大きな敷地の立派な別荘とは対極的な 小さな敷地の小さな「隠れ家別荘」  
横浜市内の住宅からも近いので、利用頻度も高い

 

 

  外観 幸雄が降って来た  
 

撮影をしていたら雪がちらついてきた
ベランダから玄関ドアへ 玄関ドアを開けるとすぐにリビングゾーンという空間構成は
アメリカのコロニアルスタイル

 

 

 
リビングコーナー
 
 

書斎コーナーと言うべきか 実は囲炉裏テーブル 座布団にあぐらで酒でも暖めるか、、、
不便さが快適 という贅沢  敷地が小さいが景色を独り占めの贅沢
  来客は雑魚寝という面白さ

 

 

 
キッチンが見える
 
 
囲炉裏テーブルから90センチほど高いところのキッチン+ダイニングコーナー
キッチン作業中も雨戸を閉めていても、欄間からは丹沢山塊が望まれる
 

 
収納と玄関
 
 

玄関は極小 靴箱と収納兼用の収納棚  天板は、厚木市内の製材所(近くに有る)に出向いて購入

 

 

 
階段スペース
 
 

囲炉裏コーナーから数段高いキッチン+ダイニングコーナーを見る 玄関の収納棚は奥まで続いている
奥は浴室  その右のドアはトイレ

 

 

  孤独  
 

孤独を味わっている? ただ寒いだけ?  奥にキッチンが見える

 

 

 
就寝コーナー
 
 

囲炉裏スペースと手前の就寝スペース 右のくぼみはキッチンの段差を利用した寝具置場

 

 

 
欄間
 
 

欄間 雪がちらついている